【SOLDOUT】deniime bakan ショルダーバッグ

tamaki niime

tamakiniimeからデニムバッグが登場!

一般的なデニム地の織組織は3/1ツイルですが
玉木さんのデニムの織組織は5/1ツイル。

感触としては、tamakiniimeのデニム生地の方が少し組織がゆるくやわらかい質感です。

 

bakanはHACOのバッグよりも少し大きいショルダーバッグになります

ふにゃっとしたシルエットが不思議なバッグ。

身体に沿ってくれるので意外とボリューム感は抑えてくれます。

持ち手の幅が広めにデザインされ肩に掛かる負荷を軽減してくれます。

裏ポケットもあり仕分けすることもできます。大きなポケットはA4サイズが入ります。

 

tamakiniimeのデニム小物雑貨も揃えたくなります。

名刺入れ・眼鏡ケース・バッグと少しですがよかったら見比べてください。

デニムシリーズはなかなか製作が難しくやっと入荷した品です。

気になる方はこの機会に是非!

 

商品名:deniime bakan (ショルダーバッグ)

color:表 ネイビー、中 ホワイト

サイズ:幅約 50 高さ約30 奥行20 持ち手の幅約20 持ち手の長さ約96 (cm)

内ポケット 2か所(幅約23×高さ約30cm)、1か所(幅約50×高さ約30cm A4サイズが入ります)

素材:cotton 100%

 

お手入れ方法

※色落ちしますので他の衣類と一緒に洗わないでください。
裏返しにして単品でのお洗濯をおすすめいたします。
※インディゴ染料で染めた糸を使用しておりますので白や淡い色のものと組み合わせて着ると色が移りますのでお避け下さい。
繰り返し着たり、何度も洗濯することにより様々な表情と自然な風合いが楽しめます。

※実店舗でも販売しておりますので売り違いの際はご了承くださいませ。

 

tamakiniime(玉木新雌)

デザイナー玉木新雌さんは、世の女性を虜にする作品を生み出すために

播州織りの産地、兵庫県の西脇に移りみ、播州織の可能性を追求しながら、自ら織り機を使い,自分自身で織り上げ、思い描いていた一枚を生みだしています。

できるだけゆるく、求めていた作品の為に糸の1本1本に空気を含ませるようにふんわりとやさしく、やわらかく織り上げていきます。長年作り続けて辿りついた縦糸と横糸の絶妙の本数に拘り、織り機もとてもゆっくりと動かせているので、一枚を作り上げるのもとても時間を要します。

人それぞれ個性があるように、作品もそれぞれ個性があった方がいいと思い、少量生産、またはオンリーワンにこだわります。また 絵画のような“間”を大切にしたデザインを心掛けています。

Category: バッグ

27,000(in Tax)
Sold out