Lisa Larson FREJA&HILDA|リサ・ラーソン花器 フリーヤ&ヒルダ GOLD

dieci

愛くるしい動物のオブジェで知られ、近年は作品の復刻やアートピースを発表するなど、陶芸家リサ・ラーソン。
長年あたためていた花器のデザインが、長崎の波佐見焼によってプロダクトされました。
“花器”のネーミングはリサの孫に由来
リサ・ラーソンといえば、ライオン、ネコ、犬、鳥といった動物のオブジェを真っ先に思い浮かべる方も多いと思いますが、「FREJA&HILDA」は、シンプルな二つの花器を組み合わせたような、ミニマルなフォルムが特徴です。
中心部分には赤、青、金、銀のカラーリングが施され、上品な佇まいを引き立てるように、ほどよいアクセントとなっています。FREJA(フリーヤ)、HILDA(ヒルダ)はスウェーデンの一般的な女性名ですが、これはリサの孫の名前がモデルになっているとのこと。
約150年の歴史を持つ長崎県の西山陶器が全面協力され大阪のインテリアショップdieciが橋渡しとなり、リサがあたためていたデザインを具現化されました。製品の底にはサインもプリントされています。
花器として使用することはもちろん、オブジェとしても美しい「FREJA&HILDA」です。

 

ブランド:リサ・ラーソン×西山陶器
アイテム名:FREJA & HILDA 花器
カラー:フリーヤ(レッド、ネイビー)、ヒルダ(シルバー、ゴールド)
素材:磁器
日本製/波佐見焼(長崎県)

 

【FREJA】
color:RED,BLUE
size:H18.5cm×8cm
【HILDA】
color:GOLD,SILVER
size:H17cm×7.8cm

Category: 花器

4,860(in Tax)